【MLB】ダルビッシュ7イニング1安打9奪三振1失点も今季初黒星 5回に痛恨の押し出し四球 しびれる”エース対決”カーショーに軍配 [砂漠のマスカレード★]

1:2021/04/18(日) 13:04:22.31ID:CAP_USER9 ◇17日(日本時間18日)パドレス0ー2ドジャース(サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手(34)がドジャース戦に先発し、相手先発のエース・カーショーとシビれる投げ合いを披露。2017年に在籍した古巣で、今季の大リーグで最もスリリングな地区V争いになるとみられる宿敵を相手に、さすがの投球を見せたが、援護なく今季初黒星を喫した。

 前日までドジャースのチーム打率2割7分8厘はリーグトップ、86得点は同2位。そんな強打線を相手に、メジャー最多の11球種を操る力を見せつけた。大リーグ公式サイトによれば、この日最速96・3マイル(約155キロ)の直球に加え、立ち上がりは普段よりカーブを多投。ツーシーム、スライダーも交えるなど、的を絞らせなかった。球種の多さゆえだろう。3、5回は専属捕手カラティニとさえサインが合わず、珍しく自分から帽子のつばや腰、胸などに触れてサインを出す場面もあった。

 4回まで見事なパーフェクト投球。だが、5回に落とし穴が待っていた。唯一の安打と2四死球で迎えた2死満塁。打席には相手先発左腕カーショー。フルカウントから外角低めの際どい86マイル(約138キロ)スライダーがボールと判定され、押し出し四球で先制を許すと思わず右手を頭に当て、天を仰いだ。

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です