【ネトウヨ】ネットで横行する「人格攻撃依存症」 異論唱える「反日だ」「韓国に帰れ」という罵詈雑言が●到

1:2020/01/07(火) 19:17:09.81ID:H2Ha7Abc9 ◆日本総合研究所主席研究員・藻谷 浩介◆

現代人は、いろんな「依存症」に陥る危険がある中を生きている。
タバコやゲーム、ギャンブル、SNS。

加えて、「人格攻撃依存症」も要警戒だ。
自分だけの価値基準をふりかざして、他者を誹(そし)り、あるいは嘲(あざけ)り、その存在や人格までを貶(おとし)める。
多くの人には無縁のストレス解消法だが、罹患(りかん)者は相当数、存在する。

◇匿名で自由に

攻撃衝動を身内や知り合いに直接に向ければ、パワハラ、虐待、あるいは、いじめといった犯罪行為になる。
たまたま公道上で行き合った他の車のドライバーを攻撃するバージョンが、最近話題のあおり運転だ。

だが、それらは例外で、同じ「人格攻撃依存症」を患っていても、大多数は、本人に聞こえない場で、悪口を言い募る程度で済ませてきた。
しかし、ネット空間に匿名で自由にコメントを書き込める時代となり、同じ相手への人格攻撃コメントを大勢で同時に書くことが、はやり始めた。

あたかも、仲間と一緒に行動しているような高揚感が得られ、しかも、自分が誰なのかは知られない。
そうなると、群集心理で、攻撃行動はますますエスカレートしていく。

攻撃対象は、当初は政治家、タレント、プロスポーツ関係者、あるいは時事の有名人など、人前に出てきて攻撃にさらされるリスクを仕事上、取らざるを得ない人だった。
だが、次第にデマをきっかけに一般人をつるし上げる例も増え、さらには、対立する疑似コミュニティーメンバー同士の大規模ななじり合いも出てきている。

◇嫌韓と反日

プロ野球の巨人ファン対アンチ巨人ファンといった例もあるが、特に巨大なのは、日韓それぞれにあって、お互いをなじり合っている疑似コミュニティーなのではないだろうか。
いわゆる嫌韓、反日の応酬である。

日韓関係についてのネット上の論評に寄せられるコメントの数は、桁違いだ。
しかも、「さっさと日韓断交しましょう」というような極論が目立つ。

そんな空気に水を差そうものなら、「反日だ」「韓国に帰れ」という罵詈(ばり)雑言が●到する。
筆者は日本のネット空間しか知らないが、韓国側でも大同小異の現象が起きているのではないか。

言葉の壁から、日韓の直接応酬は難しいので、それぞれの国内で自分たちに同調しない勢力、つまり「人格攻撃依存症ではなく、それゆえに冷静に事態を見て行動しようとする勢力」の方に、攻撃が向くわけだ。
年間2兆円近い経常収支黒字を韓国から稼いでいる日本にとって、韓国との関係悪化で得るものは何もない。
逆に、中国や北朝鮮、ロシアにとっては、日韓の足並みが乱れ、米国が引き気味になることこそ、願ったりかなったりである。

◇指摘するだけで

ホワイト国の認定取り消しなどの安倍政権の一連の施策は、嫌韓依存症の面々の大喝采を得たが、日本の国益を多面的に損ねてしまった。
さらには、同じく韓国内で反日依存症の面々をあおっている文大統領の、落ち始めていた支持率までを、反転増加させてしまっている。

というような事実を、公の場で指摘するだけで、勤務先にまで人格攻撃が●到しかねない時代だ。
「主張の内容を問わず、人格否定を伴う物言いは許さないし、取り合わない」という社会的な風潮を確立しないと、日本の自由主義体制の根幹が崩れていってしまいかねないのではないか。

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です