【テレビ】純烈・小田井涼平、下積み時代オネエキャラだった過去!芸名はブロードウェイ中野 

1:2019/12/26(木) 05:10:47.41ID:Yci6W6ev9 純烈・小田井涼平、下積み時代オネエキャラだった過去!芸名はブロードウェイ中野 
2019年12月22日(日) 12時01分
https://www.rbbtoday.com/article/2019/12/22/175708.html

純烈・小田井涼平【撮影:小宮山あきの】
https://www.rbbtoday.com/imgs/p/RqJIzsl7cmxG8-cARbeaqilNLEDQQ0JFREdG/656918.jpg

 純烈が、22日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演。メンバーの一人、小田井涼平の衝撃の過去が明らかになった。

 2007年にデビューした純烈だが、その後は鳴かず飛ばず。そんなキャバレーでの下積み時代、小田井は「オネエキャラだったんです」と告白。実際、当時発売された写真集には、一人だけ濃いメイクで、柄もののシャツを着ている彼が写っていた。

 このキャラを思いついたキッカケについて語った小田井は、「男性客の前に(男性が数人来ても)お客さんは面白くない」として、何とか客に気に入られようと思案したのだとか。

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です