【映画】山崎賢人主演のタイムトラベルSF『夏への扉』ヒロインは清原果耶、藤木直人はロボット役に挑戦 [muffin★]

1:2020/09/17(木) 12:00:07.40ID:CAP_USER9 https://eiga.com/news/20200917/2/
2020年9月17日

山崎賢人が科学者を演じ名作SF小説を映画化する「夏への扉」に、清原果耶と藤木直人が出演していることがわかった。清原は数奇な運命に翻ろうされるヒロイン・璃子、藤木はヒューマノイドロボット・PETE(ピート)役に挑む。

原作は1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で読み継がれ、ハリウッドSF映画に多大な影響を与えた小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)。「思い、思われ、ふり、ふられ」(公開中)、「きみの瞳(め)が問いかけている」(10月23日公開)の三木孝浩監督がメガホンをとり、日本を舞台に物語を再構築した。

95年、東京。科学者・高倉宗一郎(山崎)は、亡き父の親友・松下の遺志を継ぎ、プラズマ蓄電池や実用化ロボットの完成を目前に控えていた。愛猫ピート、松下の娘・璃子との穏やかな日常のなかで、研究に没頭していたが、ある罠により研究を奪われ、会社も追われてしまう。さらに人体を冷凍する装置・コールドスリープに入れられ、“冷凍睡眠”させられた宗一郎が目を覚ますと、そこは2025年の東京だった――。ピートや璃子の死を知り、絶望する宗一郎だったが、ヒューマノイドロボット・PETEの力を借り、30年の時を超えて璃子を救おうと決意する。

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です